文字サイズ
入間市立図書館のイメージ画像

行事案内

金子 一般 掲載日:2019/08/25
金子分館 「狭山茶のルーツを探る」

中世に武蔵国の銘茶として名を馳せた「河越茶」「慈光茶」が姿を消してから数百年、狭山丘陵の麓で、江戸時代後期に茶作りが復興され、「狭山茶」が誕生します。本年2019年は、この地域で生産した茶を商品として江戸へ出荷するようになった文政2年(1819年)から、200年という節目を迎えました。入間市博物館学芸員を講師に招き、狭山茶の歴史と起源を探り、狭山茶に関する調査・研究の成果を再検証していきます。

1.日時:9月28日(土)14:00~15:30

2.会場:金子公民館

3.  対象:小学生以上

4.定員:先着30人(事前申込制)

5.申し込み方法:9月7日(土)9:00より金子分館で受付。(電話可)

6.  お問合せ:金子分館 TEL  04-2936-1811